なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味噌ラーメン 650円」@えちご家の写真日曜の13時過ぎに到着。場所は西会津ICからだと国道49号線にある道の駅の手前の道路を右折し、野沢駅に向かう手前にある。静かな街並みに突如として椅子に座っている集団があり、そこが今回目指しているお店だとわかった。10人以上待っており、座っていると地元の方から「今日はあまり待っていないほう」とのこと。見知らぬ人にも親しげに語りかけるその雰囲気が退屈な時間を消してくれた。15分位でコールされ入店。今後なかなか来ることが無いと思われるので、餃子と半炒飯を選択。詳細はそれぞれのデータベースで。(後日アップします)

出てきた一杯は、大きくて深い青磁の器の中に野菜が覆われており、具材はスープといっしょに煮込まれているのがわかるビジュアルである。そしてかなりニンニクの香りが強い。スープを飲むと、煮込まれた具材の影響で少しとろみが出ている。そこに甘めの味噌の味が出ていて美味しい!スープには一味の辛さもあってアクセントも出されていて厚みが感じられるスープであるが、ニンニクの風味が強すぎる。麺は角ばったほぼストレートの平麺で、かなりのボリュームである!250gはあるだろうか。麺の食感がサクッとしていてGOOD!ツルツルとした麺肌だがスープに馴染んでおり、食べていて満足感が感じられた。具材は、挽肉・モヤシ・ニラ・ニンジン・タマネギで、どこかに地元野菜を使っていると書いてあった。スープといっしょに煮込まれた味なのでシャキシャキ感はないものの旨みが感じられて美味しい。が、ここでもニンニクの味が効きすぎている。挽肉は出汁のような存在なのか、肉としての存在感は無かった。かなりのボリュームだったので、時間をかけて完食に辿り着いた。

甘めの味噌スープと野菜からの旨さがあるラーメンで、麺も個性的でボリュームもあって素晴らしい一杯。確か2010年浪江町で行った「福島県のB級うまいものグランプリ」に初参加でグランプリを取ったのもわかる一杯。素材の素晴らしさが随所に感じられる一杯であるが、ニンニクが強烈に効いているため、それぞれの旨さが見えなくなってしまっているのが気になった。味噌の旨さと複雑性のみシナジーしていたように感じられたが、最後にニンニクの味ばかりで完結してしまうのは惜しい。そのバランスを変えるだけでさらに美味しくなるお店だと思った。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どうもです~。

え、福島だったんですか~!

なんか、時代劇の「おぬしも悪よのぉ」の様な会話を
想像をしてしまう店名ですな~(笑)

器、大きそうですねぇ~

ニンニクがばっちし効いた味噌、なんだか食べたくなってきました。

ラー迷人 | 2012年9月8日 22:27

茨城ラーメン発展願い人(休止)様

こんにちは!コメントありがとうございます。

>器、大きそうですねぇ~

その通りです。地元の方でも残しているのを見かけました。
250gって書きましたけど、今考えると200g前後かもです。

この界隈は蕎麦も美味しいところみたいです。
ただもう一度行くには、何か別なモチベーションが・・・

では、またです!


ラー迷人様

こんにちは!コメントありがとうございます。

>ニンニクがばっちし効いた味噌

確かにかなり効いてます。退店時匂いが纏わりついてきました。
ニンニク好きには好印象の一杯かと思います。
麺量も多く、野菜も美味しいラーメンです。是非!

今後ともよろしくお願いします。

流星 | 2012年9月9日 22:29