なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「正油ラーメン(700円)」@支那そば 勝丸 目黒本店の写真消費税改定前に訪問。こちらもラー博の初期のメンバー店舗。

新福菜館と共に日本の醤油ラーメンを引っ張ってきたと言っても過言ではないお店。

ココも好きでしたね。ここのお店はというか、少し前まではどこも正油ラーメンって表記だったんですがね。お店を尊重し、掲題はこのまま。

本店は初訪問です。夕方訪問したら、先客一人。店主はスープの仕込みの最中で寸胴の前に立っていた。そのまま店主にチケットを渡し、カウンター端に座る。

店主の顔は覚えていなかったが、過去の栄光の時代の店主の載っているポスターがある。目の前の店主と比較すると当たり前だが、相当歳をとっている。

そしてそのポスターはアチラコチラ破れ、ほぼ真っ白になるくらい色落ちしていて否が応にも時の流れを感じさせる。

そんなポスターが切なくて。当時付き合っていた彼女の今の姿なんか想像したりして・・。

そんな回想はラーメンの登場によって、打ち破られることになるのですが・・。

店主さんの『熱いので気を付けてね』という言葉に恐縮しながら、レンゲを手に取り実食です。

鼻を近づけなくてもわかるやや強めの豚臭。少し臭みが残ってます。

油膜がかなり厚めで、これがそもそも熱め。醤油味のしっかりと立ったスープ。動物系はトンコツ・鶏ガラ。魚介系は煮干し・節あたりでしょうか。

動物系もトンコツが圧倒的な風味を出しているし、魚介系はトンコツに押されている。

スープは醤油色を除けば、背脂がポチッと浮いた透明のスープ。透明なスープを作るには手間暇かけて灰汁を取り除かないとダメなんだが、実際は獣臭がする。ちょっと理解に苦しむラーメン。

麺は断面楕円形の中細縮れ麺。食感はモチモチ感あり。昔のラーメンはコシで食べさせるものではなかったからね。

具材はチャーシュー、メンマ、のり、なると、ねぎ。

チャーシューはパサ気味。のりは時化っている。

スープに臭みは残っていたが、完飲完食。

他の方のレビューを見ても臭いという表記は目立つし、美味いラーメンが続々出てきてますからね。

なんとなく昔のラーメンの輪郭だけは取り戻させてくれたけど、時代に取り残されてしまったかなぁ、なんて・・。食べる前よりももっと切ない気持ちになりました。

このまま俺一人だったらあなたのお店のファンだったと言う事を言いたかったのですが、ポコポコとお客が入ってきたので、とりあえずは未だ現役でラーメンを作り続けていると言う事に敬意を払い、お店を出たのでした。

頑張って頂きたいですね。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは。

ココは、意外や意外の味噌ラーメンを狙っていますが、
機会が無いまま年月が過ぎています。。。
なるほど、、、ドンブリの中身もタイムカプセル的ですか。。
ソレはソレで、試してみたいです。

hima | 2014年7月17日 11:35

こんばんは。

そうなんですね。意外に味噌もあるんですよね。
ただ、最寄駅には㎡あだまだ課題店も多く、再訪はそうとう後になるかと・・。

scirocco | 2014年7月18日 18:16