なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「【限定】ソース焼きそば(600円)」@麺や 七彩 東京駅の写真限定麺です。こちらの限定も昔のモノで今はやっていません。当時600円。

深夜番の帰りに寄る。

ラーメン屋で焼きそば?と思い興味本位でオーダーする。

と同時に、焼きそばも同じ中華麺の範疇なので、さほどハズレはしないだろうとの思いも。

茹でてから麺を焼くので時間はかかることは想像してました。10分強。

モノが登場。福島県の浪江地域の焼きそばがモデル。ソース後掛けタイプなのです。オイライベントで伺った時に頂いてます。この限定の直前に頂いたので実にタイムリーでした。

同時に自家製のソースも登場。

麺は平打ち縮れ太麺。塩と胡椒のみで味付け。少しオイリーです。

麺はもっちりしていて、表面がカリッとした部分も持ち合わせている。店員さんに聞いたところ、揚げ焼きをしていて、焼きムラを作ることで色んな食感を作っているとの事でした。

少し多めの脂での『揚げ』焼きの為に少しオイリーだったと言う事なんですね。

ソースはウスターとドロッとしたソースの中間。市販のソースより少しサラッとしている。ドロッとしていると麺に絡み過ぎるし、サラッとしていると麺に絡みにくいし。適度な粘性を持っている。

フルーティでスパイシーなソース。これが自家製なんですよね。市販のモノより美味かったですね。

一般的な焼きそばはソースをかけて焼く工程があるが、この工程はスパイスと香ばしさを麺に纏わせることが出来るが、ソースの旨味が消えてしまうんですよね。

一方、後がけだとソースの旨味が焼きそばの旨味になるんで、ソースのクオリティがポイントになるんですね。

具材はモヤシ、チャーシュー、肉カス、鰹節。

チャーシューは角切りのモノが入っている。おそらくバラ。適度な脂分が旨い。

肉カスがこの焼きそばのポイントかと思う。食感は天かすのようで適度に油分を含んでいて、この焼きそばにコクを与えている。

モヤシは炒め具合よく、シャキ感残しながら、程よくクタッともしている。浪江焼きそばには必須ですが、個人的にはキャベツの方が好みです。

鰹節が適度な旨味をもたらせてくれる。

2013年にB級グルメで優勝し有名になりましたけど、現地浪江の焼きそばより美味かったです。

ラーメンと同評価するわけにはいかないけど、感動のパラメーターはこの点数です。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 22件

コメント

こんばんは。

おっとグレー採点乙です。。。

ぽんたくん | 2014年7月16日 19:58

こんばんは。

まあ、中華めんではありますけど、焼きそばですからね。
グレーは仕方ないところ。

scirocco(実況中継風) | 2014年7月16日 21:48