なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
75

「ラーメン」@大臣閣の写真ラーメン店と言うより焼肉やさんな外観に一抹の不安を抱きつつ暖簾を潜ると、そこには老舗の穏やかさに溢れきった、和やかな空間が広がっていた。
しかし、その雰囲気を一蹴する一杯には驚きを禁じえない。大変濃厚な、髄まで炊き込んだかのような豚骨スープ。油のこってり感は余りないため口当たりに重さはないが、豚の厚みが凄まじく、食べ応えは相当なもの。骨髄のザラつきも感じられる。
しなやかなフォルムが眩しい、中細のストレート麺。素朴で甘い小麦の香りは魅力、威力とも十分で、サクッと歯切れの良い食感も手伝い箸が踊るように動いてしまう。佐賀ならではの、久留米に近い麺。これが、この一杯の主役に他ならない。
醤油だれがかなり濃く、喉元に残る感覚もあるため、久留米の濃厚さがルーツの一杯なのかも知れない。佐賀ラーメンを期待して訪問するのは、避けた方が無難だろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。