なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「豚骨ラーメン (醤油):ちょいかた +替玉:こなおとし」@八代目 哲麺 めじろ台店の写真5月某日、夜、昼に立川にて「貝出汁しっぽりラーメン 純子」「楽観(赤)」と美味いラーメンを食った後、講義が終わり連休に一時帰省する娘1号と落ち合い、一路信州へ。少しでも交通費節約に高尾山ICを目指す。

その途中で1号が「お腹が減った」と言い出すので、カーナビの「ラーメン丼マーク」頼りに最初に出てきた店に突入する事に。もちろん店名までは分からず、全くノーマークで辿り着いた店がこちら。店名に私的には何か親しみを覚えるものがある。

17:35着、先客無し、二人してカウンター席に着座、後客1名。入口横にある券売機(店内写真)で、幾つかメニューがあるが私はデフォと思われる‘豚骨ラーメン’(500円税込)と「替玉」(50円)を、1号は最近ハマっていると言う「油そば」をプッシュ、厨房のまだ若き店主?に手渡す。

この時「味は醤油、塩、味噌から選べます」に「醤油」で、更に麺の硬さは8パターンから選べる様なので、「ちょいかた」でオーダーする。ところでこちらの店、店名からどうやらチェーン店と思われるが、信州の田舎人にはお初の店。関東中心に何店舗かある模様だが、その存在は知らなんだわ。好みの「豚骨」メインの様なので楽しみでもある。そして待つ事3分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、キクラゲ、ノリ、刻みネギが、黒いマー油粒と背脂の浮いた豚骨スープに乗っている。

スープから。背脂が多めに張られた豚骨スープからは、うっすらと魚介も香る。ほぉ~、見た目弩ストレートの豚骨と思っていたが、このふわりと香る魚介系変化球がなかなかイケたりする。ベースの豚骨には私的好みである豚クサミは無いものの、クリーミーでまろやか。背脂での豚のコクはあり、少量ながらマー油の香りも芳ばしい。塩分濃度もやや強めで信州人には丁度良いくらい。課長的なウマミもあるが、これも私的にはウェルカム。魚介のやんわりと香るクリーミーで実に美味い豚骨スープである。

麺はストレートの加水率低めな極細麺。私的贔屓の安曇野「きまぐれ八兵衛」よりも一回り細い麺。「ちょいかた」での茹で加減は極細麺もあってかやや柔らか目、替玉はもっと硬めでイク。低加水率での小麦の香りもうっすらとあり、なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは薄切りの豚バラチャーシュー、この価格での肉装備はあっぱれ。キクラゲは千切りタイプで、柔らかコリコリ。ノリも小さ目、磯風味は軽微。刻みネギはなかなかの薬味感あり。

途中で替玉を一番硬めである「こなおとし」でコール。30秒ほどで皿に乗りネギがちょこんと添えられて提供される。再びイク。最硬の「こなおとし」であるも、もっとバキバキかと思ったが私的括りでは「バリカタ」くらい。卓上にあった「辛高菜」を多めに投入してみる。風味ある高菜の辛さが豚骨スープに良く合って実に美味い。

スープ完飲。信州への帰路の途中、全くの行き当たりばったりで突撃したこちらのラーメン店、私的には未知のチェーン店であったが、好みの「豚骨」で、クサミはないものの魚介が漂うクリーミーな豚骨スープはマジ美味かった。8系統の硬さが選べる麺もオモシロい。そして何よりもこの内容での500円税込での提供は、コストパフォーマンス抜群のラーメンと映る一品であった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。