なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「わんたんイリコそば(880円)」@中華そば 二階堂の写真前からBMしていたこのお店。

最近、評判を聞かなくなってきていたので頃合いだと思い訪問しました。

メニューは特に決めていたわけではなく成り行きで決定したが、大正解。

ランチタイムに訪問。

近くのリーマン達も何度も足を運んでいるようで、今日は~にするとか、言い合っていたりします。

外待ち4名。10分弱待ち店内へ案内される。

店内はかなりキレイでシステマチックなカウンター。

L字型カウンター席、ホール係のスペース、厨房といった配置になっており、とても動きやすそう。

動線をキチンと計算されたデザイン。

チケットをお姉さんに渡して、しばし待ちます。

しばらくするとモノが登場です。

まずはスープから。

スープは透明度の高い清湯系スープ。

スープ表面には少し厚めのラード層。

もしかするとイリコの風味が移されたラードだったかもしれません。

イリコの香り高く、上品。

薄い琥珀色のスープではあったが、イリコの旨みがギッシリ。

イリコだから煮干しとは種類が違うけれども、苦みやエグミがほとんど感じられず旨みだけを抽出したモノ。

イリコの下処理やスープを煮出す時の火加減などかなり手間暇が掛かっている事が伺えます。

サポート役に徹するのは大山鶏の丸鶏と鶏ガラ、昆布と香味野菜。

中でも昆布の旨みは主張している方かと思いますね。

動物系が下支えしながら、イリコを主張させバランスを取っている。

しかも、無課長さんらしいですから素晴らしいですね。

そして色味からして使っている醤油は白醤油とか薄口醤油という事が想像できる。

もしくはその二つで塩分と色味の調整。

塩分が濃いとされている方も多いようだが、個人的には丁度好み。

続いて麺。

手揉み麺をセレクト。太さは中太っぽい所があったり、中細っぽい部分があったり、また捻じれ・捩れがあって食感的にも楽しい。

加水率は高めでプリプリな食感が味わえる。スープとの絡みもよく理想的な麺です。

具材。

チャーシュー、ワンタン、メンマ、海苔、ネギ、赤玉ねぎ。

チャーシューはバラ肉。厚みもあり、ジューシー。

ワンタンは4つ。

ワンタンは肉を食べさせるタイプのモノと皮を食べさせるタイプのモノがあるが、こちらはワンタンが割りと大きめでいずれも楽しめる。

中の餡も肉肉しくて美味いのですが、ワンタンのヒダの間にスープを捕まえているので火傷をしないように一口ではいかない方が良いですね。

悶絶しちゃいますから。



個人的に煮干しを使ったものは苦かろうが、エグかろうが好きです。

でも、しっかりと仕事をして旨みだけを抽出させたこちらのようなスープは最高に好きです。

スープのクオリティ、麺量、麺のクオリティ、具材の豊富さ。

スープは『煮干鰮らーめん 圓』と酷似していて、麺は好きなタイプ。

都内で同系統のラーメンが食べられるなんてね・・。

今度は冷やしを頂きに来ます。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まじすか。最近、新宿方面に出る時、飯田橋から大江戸線経由が増えてしまって、九段下方面を全く使わなくなってしまい、この界隈が完全にエアポケット化しておりました。

近々に足を運んで、歓びシェアに禿もうと思いますw

Dr.KOTO@とんこつ月間 | 2017年5月20日 17:28

こんばんは。

おぉ~出ましたね満点!
次回はイリコで決まりです。
ワンタンも頼み、悶絶したいっすw

ぽんたくん | 2017年5月21日 21:49

おはようございます。コメントありがとうございます。

都内のこんなにアクセスの良い所に美味しいお店が出来て良かったです。
煮干鰮らーめん 圓』に行った事があれば、頭の中で比較しながら食べられるのでより楽しいです。

今回の手揉み麺かストレートの細麺のチョイスではあったんですが、細麺にしてしまうともしかすると受ける印象も変わってくるかもです。

今度は中華そばをストレートの細麺でイってみたいです。

scirocco(通常営業) | 2017年5月22日 08:04