なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味噌らーめん(850円)」@つじ田 味噌の章 東京駅店の写真大阪から戻ってきた際に頂いたモノです。

こちらもリニューアルしてからBMしていたお店。

時間は20時くらい。

まずはチケットを購入してから並ぶみたいです。

掲題のモノを購入。

しばらくすると女性スタッフがチケットを回収しにやってくる。

待ち6名。

しばらくすると店内へ案内される。

大阪に帰省するときもラーストに寄り同じことを思ったのだが、また帰りにも寄りまた同じことを思ってしまうんだな。

隣との距離が近すぎると。そして動線がお客さんのカバンやなにやらで塞がっていると。

10分弱でモノが登場です。

まずはスープから。

スープ表面には厚いラードの層。

ライトなトンコツスープに白味噌ベースの味噌ダレ。

粘度もほとんどなく、味噌感もさほど強くない。

生姜の風味をガツンと効かせて、ニンニクは使っていないかそれとも微妙に使用しているかと言った感じ。

初動で生姜の風味からの白味噌由来の甘味。ずっと口に残り続けるラードのコク。

スープのライトさをラードで補っている感じ。

悪く言えば簡単に量産できるスープ。

本店でオープン時に食べた時はなかなか味噌感強い印象だったが、ラーストとかみたいにいっぱい売れちゃうとどうしてもスープが追い付かなくクオリティが落ちちゃうんですね。

続いて麺。

やや黄色みがかった中細縮れ麺。

味噌で中細は珍しい感じがするけど、スープをライトにしているので中細でも十分マッチしている。

本店はどっしりとした味噌スープに中太麺。

具材。

チャーシュー、メンマ、もやし、ねぎ。

チャーシューはバラロールタイプとコマ切れ状態のモノ。

チャーシューはいずれのタイプも煮こまれ過ぎてボロボロ。

当然旨みも残っていない。

メンマは甘じょっぱく煮たタイプ。

もやしはチョボチョボで食感良し。

ねぎは既製品かな。少しツーンとした臭いを放っていた。



オイラもラーストの2つの別店舗で働いたことがあるんでね。

東京駅でお店を開くというのは大変だと知っているけど、本店と比較してここまでラーメンのクオリティを落とすのによく納得できたな、という印象。

さらにこの時期コートを掛けるモノもないし、着たまま食べていてもコートの裾の部分とか踏まれたり、リーマンのカバンを蹴っ飛ばしたりとかしても謝りもせずにいるホール係とかも感覚はどうかしちゃってるし。

こういう狭い客席を設計している時点でもう売り上げとかお店の回転とかしか考えてないわけで。

そういうのをやりたくなかったからやってこなかったオイラの働いていたお店は撤退せざるを得なくなってしまったこともあるし。難しいもんですね。

まあ、こういう所ではクオリティを求めてはいけないし、お店側がクオリティを高めようとも思っていないし、という事を新しい2店舗を見てつくづく実感したね。

残念ながらそれは真理ではあるんだけどね。

ホール係-5

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。