なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油らぁめん ※クーポンで500円」@らーめん 獅子丸の写真1月某日、昼、本日はインフルに倒れた我がチームのおねーさんに替わって塩尻での打合わせ。終了後、諏訪に向かう途中で昼ラーに「大阪王将 塩尻広丘店」で食ったのだが、チョイとあっさりだったのでこちらの店に再突撃。

以前は「はっかい」だった場所に居抜きで入ったラーメン店。こちらもグルメ情報誌「どうずら」でのワンコインでお得なラーメンにあり付けるので、昼ラーPartⅡに再突撃してみる。

14:10着、先客無し、カウンター席に着座、後客無し。早速「どうずら」で‘醤油らぁめん’(700円税込)が500円になるページを示して注文する。どうずらには「サービスライスは対象外」とあるが、鼻っから白飯は嫌いなので問題無い。

以前の「はっかい」では今の季節は「牡蠣らーめん」目当てに突撃していたが、店主も変わりそれが食えないのが残念である。メニュー表(メニュー写真)を見ながらスタンバるるこちらの店は以前2回の突撃があり、主要メニューのうち「味噌」「塩」と来ているので残りの「醤油」が楽しみである。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ノリ、刻みネギが、少しくの背脂の浮く醤油スープに乗っている。

スープから。固さの残る粗めの背脂の浮くスープはガラだしのあっさりスープではあるが、あまり動物感が感じられない。さりとて魚介の風味も我が駄舌では拾えない。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度は適宜で、非常にすっきりとした醤油の味わいがある。課長的ウマミはあるのだが、出汁にしろカエシにしろ今ひとつインパクトが薄いのである。良く言えば非常にクリアーなテイストであるが、チョイと物足りなさを覚える醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいちぢれのある中麺。加水率は高めでツルツルの麺肌で、茹で加減やや硬めが良く、ツルパツとした食感。取りあえずスタンダードな味わいの中華麺である。

具のチャーシューは豚ロースチャーシューでねうっすらとショウガの香る薄醤油の味付け。普通に美味い。メンマは薄醤油の味付け、サクサクとした食感。ノリの磯風味はまずまず。刻みネギの薬味は効いていてイイ。

スープは少し残し。塩尻での昼ラーに「大阪王将 塩尻広丘店」で食ったのだがチョイと物足りず、やはり「どうずら」での500円クーポン食ったこちらの店での「醤油らぁめん」。それは非常にあっさりとしたガラだしの醤油スープに、加水率高めの中麺のシンプルなラーメンであった。但し、私的にはスープがシンプル過ぎてもう少し出汁にしろカエシにしろコクが欲しいところ。こちらのラーメンはどれもがあっさりで、私的印象としては「塩」>「味噌」>「醤油」といったところか、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。