なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「白・つけそば(950円)」@支那そば 大和 稲荷町本店の写真平日、仕事休みで宿題店となっていたとあるお店を訪問するも昼営業ギリギリの時間の為、回避してこちらに。

こちらもBM店舗。

オイラが好きな『八雲』出身の店主。

15:25の訪問。先客無し。

ギリギリの訪問の為、店主さんは少し嫌な顔を見せたが、気を取り直したのかすぐに真剣なモードに入ったよう。

入り口を入ってすぐ右手にある券売機で掲題のチケットを購入。

店主さんにチケットを手渡し、しばらく待つ。

5分強でモノが配膳される。

麺の器はキンキンに冷やされている一方でつけダレの方は熱々に温められている。

こういう当たり前のことを当たり前に出来るお店ってさすがですね。

八雲出身の方はホント安心できる。

まずは麺から。

麺は菅野製麺の平打ち太麺。

中心部分にしっかりとコシを残した茹で上がり。

常温よりも少し冷たい温度で麺を〆ており、温度感は最高。

粉の風味や、麺の甘味が感じやすい温度帯。

常温の方が風味や甘味などは感じやすいんだけど、この季節がら常温では食べにくいし、この温度感はさすがです。

ただ、ちょっと水切りがあまかったかな。

麺に付着した水分、つけダレと2重のコーティングになっており、味が薄まってしまった。

食べ方は最初はそのままで。途中から麺にレモンを絞ってと2段階の味が味わえる。

つけダレ。

写真ではわからないが、透明感があってキレイ。

白醤油をカエシの主成分としている。

ベースのスープは修行先に酷似していて、丸鶏ベースに、鰹節、サバ節、昆布などと言った所でしょう。

修行先と似ているようだけど、鶏の旨みがより強く、少し和ダシの要素が弱いかな。

修行先は昆布の風味がしっかりと効いていたような印象。

でも、それがこちらの店主ならでは味わいと言った所でしょう。

ベースがベースだけに美味くないはずはない。

ただ、つけ麺だからと言ってより塩分を強くとかはやっていないよう。

その為、麺に付着した水分の分だけ薄く感じてしまった模様。

具材。

別皿でワンタン2種。つけダレにチャーシュー、メンマ、ねぎ。麺の上にのり、柚子胡椒、刻みのり。

エビワンタンと肉ワンタン。どちらもキレイな球形。皮よりも餡を楽しむタイプ。

エビワンタンは粗目にカットしたエビが詰まっており、特に変な臭みなどもなく美味かった。

肉ワンタンは生姜の風味が効いており、ギシッと詰まっていて肉肉しい。

終盤に柚子胡椒を足してみると柑橘の香りが立ち、華やかな辛味でまた美味い。



大好きな八雲さんとほぼ同じ味が味わえるのに、今回まで未訪だったのはもったいない。

なんでもっと早く訪問しなかったのだろう。

限定などもあるみたいだし、近々再訪予定。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。