なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば(630円)」@手打中華 富士屋の写真9月30日13時30分訪問(^O^)/
先客0名、後客2名(^_^;)
日曜のこの時間でこの入りは・・・。
とりあえずメニュートップの「中華そば」を口頭にて注文。
入り口の右手に製麺室がありその手打ラーメンを売りにしている店です。
青竹打ちとのことなので佐野ラーメン系なのでしょうか?
昭和37年創業といいますから50年ですか。スゴイですねm(__)m
しばらくすると注文の品が到着(^_^)v
まずは写メを撮ってから、スープから飲んでみます。
ビジュアル通りオーソドックスな醤油ラーメンですね。
豚骨ベースの鶏ガラスープですが若干醤油ダレが強い感じもしますが、寒い地方ではこの位でも普通かも(^^ゞ
スープとしては可もなく不可もなくといったところでしょうか(^_^;)
麺は平打ち麺で幅は3㍉位でしょうか。麺肌はツルッとした感じでスープとの絡みが悪く、また食感もゴムを噛んでいるような感じ(T_T)
腰が強いというより麺にふくらみがなく美味しく感じられない(T_T)
これは卵麺でしょうか?
佐野系のピロピロした麺かと思いましたがなぜこのスープにこの麺を合わせるのかが判りません。
味噌系ならこの麺も有りでしょうが、サッパリスープの醤油ラーメンには全くあっていません。
製麺所製の麺を使用するなら制限も分かりますが、自家製麺であればスープに合わせた数種類の麺を打ち分けることも可能だと思います。
具はチャーシュー、メンマ、ワカメ、刻みネギで特筆するところはありませんでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。