なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「台湾まぜそば780円」@麺屋 幡 弘前店の写真2014/09/16
首都圏ではメジャーですが、この界隈では台湾まぜそばは初らしい。僕自身たぶんその手のまぜそばは初めて。最近辛いラーメンにどはまり中なのでまさにツボです。
ノーマルの他に肉盛りってのもある。今回はノーマル。もちろん大盛で♩
食券を提示するとニンニクの有無の確認。入れてもらいます。
お盆に乗って到着。食べ方マニュアルみたいのも一緒に乗ってきた。
混ぜる前に具材の確認。
ピリ辛挽肉、卵黄、葱、韮、海苔、ニンニク、魚粉。麺は事前にタレによく絡めてあります。レンゲも使いながら良くまぜて頂きます。
粘度のある動物系のタレ、油と卵黄も手伝って麺、具材が非常によく絡んでいます。全体的に甘カラでマイルドですが思っていたより山椒が効いていてむせながら啜る。時折、唐辛子が飛び込んでくると辛味が押し寄せます。
また韮とニンニクでパンチが効いていていいですね。魚粉があることで動物魚介の図式も持ちながら薬味系がやみつきにさせられる感じです。
麺は加水率高めのツルモチ中太ストレート。茹で加減しっかめで歯応えもあり麺の味もある。まぜそば用のオリジナル麺でしょうか。ラーメンもですが最近麺が美味くなった気がします。
後半はザク切り玉葱とりんご酢を足して食べる。りんご酢酸味がいい具合に味変してくれます。

食べ終わったら追い飯しようと思っていたのですが、大盛にしたせいかタレが殆ど残らなかった。けっこう意識して食べないとタレ残らんのかな。
次は必ず追い飯したいですー

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 8件

コメント

こんにちは

いかにも台湾まぜそばらしい出で立ちですね!名古屋の麺屋はなびで食べた元祖を思い出します・・・。
ちなみにタレが残らなかったのは、粘度が高すぎたせいかもしれませんね。
名古屋の麺屋はなびだとタレの粘度は麺に絡みつつもちゃんと残るような絶妙なセッティングになってました。
富山の某店でも初っ端はそんな感じでした。

純米無濾過生原酒 | 2014年9月22日 07:58