なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

3月末に、用事があって久しぶりに東京に行きました。
スケジュールがつまっていたので、ゆっくり出来なかったのですが、どうしてもラーメンが食べたくて、移動の途中で池袋にあるこちらのお店に伺いました。

12時過ぎぐらいでしたので、二組ほど先客が待っておられました。15分ほど待って入ることができました。

注文したのは、「塩チャーシュー」1,000円で大盛(100円)にしました。
他のお客が「チャーシュー丼」のようなものを召し上がっているのに気づきましたが、後の祭りでした。大盛じゃなくて丼ものだったなあ。

さて、こちらのお店の「ウリ」でもある「塩ラーメン」ですが、とても美味しいです。
「塩ラーメン」のスープは、塩の角があったり、しょっぱさが強かったり、化学調味料の味が強かったりするのですが、それがありません。
綺麗な味で、独特の深い旨みだけが引き出されています。

鶏のチャーシューも美味しいです。このスープには豚のチャーシューは合いません。
かなり量が多かったのですが、チャーシューを食べるのに飽きることがありませんでした。
ラーメンの具としての鶏チャーシューとしては、ちょっと他にはないような卓越した美味しさがあります。
素晴らしい。
塩ラーメンには、鶏肉が合うのですが、なぜか鶏のチャーシューを入れたものが少ないのはなぜでしょうか。

うーん、やっぱり東京のラーメンはレベルが高いなあとつくづく感じさせられました。

ただ、残念だったのは、最後の方になるとしょっぱくなって喉が渇くのと、食後にしょっぱさがしばらく残ってしまうところです。
それがなければ、私の中では、突出して評価の高い「塩ラーメン」になったでしょう。

違う味のラーメンも是非頂きたいと思いますが、東京ですし、ラーメン屋は次から次へと伺いたいお店が出てくるので、いつリピートできるか不明です。

美味しい塩ラーメンを探しておられる方にお薦めします。
沢山食べられる方なら「塩チャーシュー」にされると良いでしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。