なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「酸辣麺850円+ビール他」@創作麺工房 鳴龍の写真★写真つきでサクッと読みたい方はこちらへどうぞ
http://ameblo.jp/mocoinojv/entry-12241568068.html
------------------------------------------------------

1/25
鳴龍がミシュランの★を取ってから初訪問です。
あれ以降は、並びがキツクて、3時間待ちの麺友さんもいましたからね。
この日は麺友さんと待ち合わせての夜鳴龍、訪問でした。

入店し券売機でビール等のチケットを購入し、店主さんにご挨拶してカウンター左端に着席。

まずはビールで乾杯ですね。おぉ~ビールグラス変わりましたね。(°∀°)b
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853878715.html

まずは乾杯です。о(ж>▽<)y ☆
夜鳴龍の楽しみは美味しいおつまみがいただける事。
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877147.html
しらす冷奴
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877152.html
冷奴にしらす、自家製辣油、大葉
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853878614.html

炙り焼きチャーシュー&味玉azs、クレソン
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877156.html

細かな隠し包丁が入ったロース肉の炙り焼きステーキに玉ねぎの擦り下ろしたソース、
味玉はしっかり醤油味の染みたもの
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853878591.html

この日は、外国のお客様が多かったですね。台湾?の5人組もいらっしゃいました。
新しい若い店員さんが、英語で接客していました。
斎藤店主の動きは、無駄のない素早い動きで注文を次々にこなしていきます。
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853878487.html
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853878522.html
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877164.html

ビールからレモンサワーへ移行して、1時間ほど飲んだ後、そろそろ〆の一杯の時間です。
何をいただこうか、散々迷いましたが、選んだのが酸辣麺。
他のお客さんの大半が担々麺の注文でしたね。
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877172.html

チケットを渡ししばし待つとその一杯が店主さんから手渡されました。ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ​​​​​​​
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877183.html

酸辣麺は2013年10月に限定で出されたのが最初ですが、その後デフォに格上げされたメニューです。

その当時の店主さんのTwitterには
「中華料理にあるトロミのある酸辣湯麺ではなく、醤油ベースにラー油の辛味、花椒の痺れ、黒酢などの酸味の他、スパイスやハーブを織り交ぜたオリジナルの一杯に仕上げました。是非 ご賞味ください。11月中旬までの提供予定です。」との紹介文が載せられていました。

当時のビジュアルです↓
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13858530606.html

スタート当時は酸辣湯麺のメニュー名で提供されていましたが、
中華料理のそれとは違うので酸辣麺の名前になりました。

中央にうづ高く盛り付けられた白髪ねぎ&糸唐辛子。
上から花椒がたっぷりかかっていますね。
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877203.html

2013年当時の酸辣麺と比較するとカメラの関係もあるんでしょうが、
スープの透明度が上がって、まるで塩のような感じですね。
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877221.html

半年ぶりの酸辣麺、早速いただきます。

ずずずぅぅぅううう~~ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!まいぅ~~

丸鶏、牛骨に大量の生牡蠣を加えた出汁感が圧倒的なスープに
醤油ダレ、唐辛子、自家製辣油、花山椒、黒酢、リンゴ酢、その他、胡椒やニンニクを合わせたスープに程よい辛痺に酸味と旨味が一体化した唯一無二のスープですね。
正しく創作麺工房の独創的な一杯ですv(´∀`*v)ピース​​​​​​​

辛痺もそうですが酸味もまろやかでツンとくる酢の尖りは皆無。醤油タレもバックで旨味を補強しています。
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877232.html

麺はエッジが効いた中細ストレートの自家製麺。多加水で麺肌がツルッとしてダレない麺ですよ。o(〃^▽^〃)o​

凄いと思うのは、多彩なデフォメニュー(醤油、塩、担々、酸辣、醤油つけ、担々つけ)で麺を4種類自家製麺で作って、スープは別々で作って合わせるのではなく、1つの寸胴で合わせる作り方、芝麻醤や辣油も自家製、これだけの仕込みをやるって凄いですよね。
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877244.html

そしてネギの切り方のきれいな事、炙り焼きチャーシューにはその都度、隠し包丁を入れ食べやすくしていることなど、それぞれの技術や味へのこだわり、そして手抜きの無い完璧さ、どれをとっても中々他のお店では見ることが出来ないものです。
それも斎藤店主お一人でやっているのですから、凄いとしか言いようがないですね。
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877259.html

酸辣麺に話題を戻すと、具材には、白髪ねぎ、糸唐辛子の他、細切りチャーシュー、ニラ、胡麻等々。トッピング類もビジュアルを大切にすることから、チャーシューやニラは白髪ねぎの下に隠して見えないようにセッティングすることにもこだわりを感じますね。
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877277.html

短冊状に切られたチャーシューにも隠し包丁が入っていますね。
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877290.html

白髪ねぎもきれいに細く切り揃えられ、綿飴のようにふわっと盛り付けられていますが、
かかっている花椒との相性が良くて、これは食欲を掻き立てますね。
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853878417.html
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853878439.html

卓上の花椒も以前はミルの形で提供されていましたが、現在は小さなポットのような入れ物に入っています。
この花椒も以前と種類が異なるようで、香りが数段良くなっていて痺れはそれ程強くないタイプですね。
。゚+.o.+゚ルン♪ヾ(●’∀’●)ノ♪ルン゚+.o.+゚​​​​​​​
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853878553.html

これは追加で麺に投入します。
この香りいいですねぇ~~。(▰˘◡˘▰)​​​​​​​/
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853878466.html

サクッと完食。
いやぁ~美味しかった。これは、並びがきつくても来なくちゃダメですね。
この満足感には代えがたいですよ。
ご馳走様でした。ヾ(@^▽^@)ノ
http://ameblo.jp/mocoinojv/image-12241568068-13853877203.html

投稿 | コメント (21) | このお店へのレビュー: 42件

コメント

こんにちは
こんなスーラー食べてみたいですね
こちらの食べたら
他所で食べれないかもと思うほど
レベル高そうですよ!

キング | 2017年2月2日 16:36

酸辣麺にしたんですね。
担担麺もいいですが、このメニューも好きです。
しかし1時間も飲んでたんですか〜 f^^*)
炙り焼きチャーシューが食べたい。。。

NORTH | 2017年2月2日 17:05

こんにちは。

鳴龍の変遷をまじえたレポ上げをありがとうございました。
点数がすべてを物語っています。

glucose(また一時休止) | 2017年2月2日 17:49

此方は担々麺が圧倒的な美味さで好きなお店ですが、
この酸辣湯麺もヤバイくらい旨そうなビジュアルですね~!
此方のシェフならバッチリ旨いの作るに決まってます。。。
酸辣湯麺はそもそもが辣油撫では使わず胡椒やスパイス系を駆使するのが元祖。
此方のはそんな元祖の味をリスペクトしながらも店主のセンスが光ってる感じです。
ミシュラン獲得後いっそう訪問は困難ですので、余計に旨そう&嫉妬で倒れそうです!^^;

4門 | 2017年2月2日 19:07

こんにちは。
その節は、お互いに、
とても楽しいグルコリングでしたね(苦笑)。
待っている間は、寒かったですが。

このレポは、酸辣麺のフルの解説版ですね。
かつて限定であった標題のレギュラー化を、
リクエストなさったモコさんならでです。

次のグルコリング、
いつ頃にしましょうか?(笑)

おゆ・Sometimes | 2017年2月2日 19:14

折角の美味しそうな創作料理も、余り並びが激しいとノンビリ楽しめませんね。
平日の夜は、マシなのかな?
いいなぁ〜

かくみや | 2017年2月2日 19:16

こんばんは~
此方の酸辣麺の歴史が良く分かるレポで勉強になりました✨
卓上の花山椒は風味が良くてシビが控えめですごく好みです、
また食べに行きたいです(^-^)

銀あんどプー | 2017年2月2日 19:20

こんにちは。
いわゆるサンラータンメンと異なるビジュアルと味。
進化というのは、まさにこのようなことをいうのですね。

mona2(多忙さぼり短レビュ) | 2017年2月2日 20:18

こんばんわー!
メッチャ突き抜けましたね( ̄□ ̄;)!!
スープのラインナップがヨダレものですよ…。
平日でもかなり並びそうですが、どれぐらいなんでしょう(^o^;)
行かなきゃやっぱダメですよねー(ToT)

塩対応 | 2017年2月2日 20:27

こんばんは。
こちらはいつか行ってみたいです。
少しずつ江戸を探索していきます。
今日はおおぜきさんとの検討であす花さんになりました。

イケちゃん(気まぐれ | 2017年2月2日 21:41

毎度です~

グルコリングおつです(*^^*)
担々麺は克服したかなとも思いますが、
このメニューは更なる難関ですよね⁉
早く普通の大人になりたいけど、ウーム。

としくん | 2017年2月2日 23:19

こんばんわ~

去年は定休日に行ってしまって食べれずww
何とか顔出したいところにミシュランで凄い並びが出来ているみたいですからね~w
何とか機会を作って食べに行きたいですね~♪

バスの運転手 | 2017年2月3日 00:47

mocopapaさん,どうもです。
酸っぱいのは苦手ですが,つんと来なければいけるかも。
ここは並びきつくてもまた行かないと。

RAMENOID | 2017年2月3日 01:09

おはようございます。
並びがきつくても食べる価値のあるお味だったようですね!私も並びきつくても行かないと!平日の昼間は狙いにくいので夜行こうと思いますが、平日夜も3時間待ちとかですか??

poti | 2017年2月3日 08:39

かなりハードルが高くなってしまいましたが
近いうちに再訪したいです!

YMK | 2017年2月3日 08:56

こんにちは〜。

夜龍のアラカルトで飲むビールが最高ですよね〜(´∇`)♪
その締めでいただく酸辣麺も魅力的ですね^^
次回はこのコースを狙ってみまーす。

よっしーR | 2017年2月3日 09:29

こんにちは。

やはりハードルが高いのですね。
夜の部も、仕事終わってからでは厳しいので
何か、早上がり出来る日にでも、うまく行きたいものです。

ももも | 2017年2月3日 12:41

こんにちわ~

鳴龍さんイイなぁ~♪

並び覚悟で行ってみなきゃイケませんな!

たく☆(摂生中) | 2017年2月3日 16:44

こんばんは。
こちら、もう1年も伺って無いような。
これは、限定で食べましたが、そ時より遥かに旨いんでしょうね〜

kamepi- | 2017年2月3日 16:49

コレは旨そう!
目白勤務になったら通えるな〜^^

二三郎 | 2017年2月3日 17:51

こんにちは。
遅コメすみません。

3時間待ちってディズニーランドなみ(笑)
一年前に一度行っただけなので また何とか行きたいです。その時も1時間以上待ったので覚悟して行かないとですね~

りっきー | 2017年2月5日 09:24