なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
98

「煮干しそば」@支那そば しんばの写真日々数量限定(30食くらい)の煮干しそばを求めて来ました!

店内に入るとまだボタンが生きている!やった!(笑)
「煮干しそば」を注文し待ちます、BGMが邦楽ロック。
店内は前より柔らかくポップな雰囲気になりましたね、町のラーメン屋さんて感じで更に利用者が増えそうです。
配膳されると大判なレアチャーシューが目を引くシンプル盛り付け、しかしシンプルな中にセンスを感じる如何にもしんばさんらしい盛り付け。

それではいただきます!
スープは煮干しがグッと利いている和出汁味、これはこちらの白出汁そばの出汁と同じ物を使って煮干しバージョンにしているのでしょうか?昆布出汁の利き方が非常に特徴的で良く似ています。
そして醤油ダレは淡口醤油メインでしょうか、塩気はキリッと利いて煮干しの香りと旨味はビシッと感じられる。(と感じますってだけで真相は判りませんが)
作られている御本人が「複雑な味を目指している」と仰るのだから、素人の私には勝手に想像する事しか出来ません(笑)
一つだけ分かるのは、煮干し中心に出汁の旨味が半端無くとても美味しい!御粗末様で御座います。

麺は中細麺ストレート、少しもっさり気味で日本蕎麦に似た食感。夢中で食べていたので不確かですが、全粒粉入りの麺だったと思います。
香りも味も良く、和出汁との相性抜群の麺でした。

具は、チャーシュー・自家製メンマ・長ネギ・玉葱・のり。
チャーシューは大判な低温調理豚ロースがドーンと一枚!インパクトがあるし、インパクトに負けない美味しさ!大概のレアチャーシューって予想通りのありきたりな味なのですが、こちらのものは何かほのかに甘味があり難無く噛み切れる柔らかさで一味違うのですよ。増したいなぁ、増したいなぁ…。
自家製メンマは程好い太さの甘じょっぱい味、硬くはなくジャクッとした食感も爽快。
長ネギは細い笹切りで上に乗っているのは甘辛な鰹節みたいなもの。麺に絡んで薬味としても食感も良く、上の物はスグにスープに溶けて無くなってしまいました。
玉葱は細かく刻んでありました。スープの熱がいい具合に入り風味も食感もとても良く、食後も玉葱のにおいが残るという事は無かったです。
のりは…上に乗せてあったのは鰹節でしょうか?全部水没してしまったので分からず(笑)のり自体は無難に合ってました。

味を総合して…
『和出汁の煮干しそば、細かな仕事が光る和のラーメン!』
だと思いました!

いろんなラーメン屋さんへ行きますが、こちらはいつ来ても食事として味覚を猛烈に刺激され満足の出来る数少ないお店の一つです。
葱の切り方一つにしてもその切り方の意味というか、その切り方だからこそ一杯の中での役割が有り活きる。それがとても繊細で雑さが殆ど感じられない。
そういう細かい事の積み重ねが、美味しさや満足感へと繋がるのではないかと思います。
雰囲気はポップになりましたが味は変わらずのクオリティ、新たに丼メニューも展開していてそちらの味も気になるところ。
また来なくては。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。