なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
店名 支那そば しんば
住所 〒135-0047 東京都江東区富岡1-22-26 杉田ビル 3F
電話番号 03-5639-2511
営業時間 11:00~15:30/17:00~22:30
[土] 11:00~22:30
[日] 11:00~21:30
※材料がなくなり次第、営業終了とさせていただきます。
定休日 無休
席数 テーブル20席
喫煙 禁煙
最寄り駅
東京メトロ東西線『門前仲町駅』(345m)
マップで周辺を見る
アクセス 地下鉄東西線「門前仲町」1番出口から徒歩2分
駐車場 駐車場なし
永大通りにパーキングメーター多数
開店日 2016年8月2日
メニュー メニューの写真を見る


元に戻す

タグ 無化調
初レビュアー取材馬鹿”九龍”トリセツ論者(2016年8月6日)
店鋪情報は正式のものではありませんので、間違っている場合もございます。ご了承の上ご利用下さい。
2016年8月5日登録 運営事務局による登録
2017年3月4日変更 まいける
86.109ポイント
レビュー件数 25
レビューユーザー数 24
平均点 85.800
総合順位 1,322位
スキ 3
30
100
このお店の今日の一杯(2016年8月13日)

プチ激戦区である門前仲町に新店。ラーメン店は一階以外は難しいと言われている。「中本」「...

このお店の情報をブログに貼る

このHTMLタグをブログに貼ると、お店の情報を掲載できます。

印刷用画面を表示

支那そば しんばのレビューピックアップ

「支那そば (醤油らーめん)  850円」@支那そば しんばの写真2月26日の早ランチはこちらでいただいてきました。

半年ぶり2回目の訪問になります。
11時の開店直後の到着で、先に家族連れ1組、後客2。
前回は<白だしそば>にしましたから
今回は醤油でいってみましょう。

スープは、昆布・鰹節・鯖節あたりの
和出汁がよく利いています。
半年前はその魚... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「特製らーめん(白だし)(1100円)」@支那そば しんばの写真こちらはかつて一緒に働いた後輩の勧めでやってまいりました。

BMもしていたので遅かれ早かれここには来ることにはなっていたんですがね。

13:30。狭い階段を登り、3Fへ。

お店はその階段からは想像しにくいほどの広さを持つスペース。

だが、木造のような感じで少し古めかな。照明もあまり入る感じで... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「特製らーめん 白だし ¥1100」@支那そば しんばの写真素材にこだわってるんです系淡麗ラーメン。
あご煮干し、さば節、宗田節、真昆布を二日間仕込んだスープに、白たまり醤油を合わせたという一品。

出汁のレベルの高さは言うまでもなく。
雲呑も肉がぎっしり詰まってよし。
メンマも丁寧な戻し方をしてるらしく、安っちさが一切なく。
スープの邪魔をしないよう計算されたとの煮豚もしみじ... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

12:00頃訪問。先客5名後客4名。店は小さなビルの3階。適度なスペースを有しており、大小6つのテーブル席が設けられている。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。店主さん含む男性2名による切り盛りで、接客は良好。
 
本メニューを選択。暫く待って配膳された。
 
スープは、美しい透明感を有しつつ、やや多めの表層鶏油により黄色味を帯びている。
飲んでみると、魚介系の複合的な出汁感がしっかりと主張。口中を豊かに満たす風味、旨みが素晴らしい。アゴ、節等が使用されているとの事だが、特に昆布が強く効かされており、「和」のニュアンスが強調... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

スーパーコンピューターお薦めのコチラに本日、初訪です
夕食時の訪問、まだ時間が早かったため先客なしでしたが、後客2名
テーブル席中心の広くて清潔感のある店内でした
待つこと数分で配膳、美しく上品なビジュアルです
バラロールチャーシュー、メンマ、ネギがトッピング
透明感のあるスープをいただくと、無化調ながら出汁感がしっかりとしています
動物系と魚介系でしょうか、自然な甘みを感じます
麺は三河の細麺でパツ目の茹であがり、このあたりは今の傾向を踏襲されている
のでしょうか
チャーシューはくずれていく柔... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

支那そば しんばのお店情報掲示板

2016-2017 年末年始

12/31~1/3 は 11時~15時のみの営業となります。

【取材事項】補足

今現在、店外掲示や客席に置かれた「素材とこだわり」では
素直に情報が伝わるかもしれませんが、
筆者が先日【取材事項】で上梓した製作途中だった
「ラーメンについて」の転載内容だと・・・
「白だしそば」=動物系不使用の和系スープ、
「支那そば」=肉系スープ主体で醤油のキレ味や動物系のコクで
食わせる昨今流行の鶏清湯、
といった語弊を招く恐れがあるのでこの場を借りて補足しておきます。

「白だしそば」も「支那そば」も和系スープと肉系スープを
ブレンドしております。
ただ両品ともそれぞれ配合する比率を変えており、
「白だしそば」は和1:肉1、「支那そば」は肉3:和1となっているそうです。
また「今後はお客様の様子を見ながら配合の比率も変えるかも」とのこと。

それと「めん大盛り(225g)」ですが、麺大盛に合わせてスープも400㏄に
増量するようなので味のバランスを崩すといった危惧する必要はないかと。

【取材事項】追記

支那そば しんば
当店は化学調味料を全く使用しておりません。
(店舗入口ドア周辺の壁面張り紙より)