なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「よもぎと黒豆の鶏白湯つけ麺〜よもきの香りとともに〜 950円」@創作麺処 スタ★アトの写真鴇の周年の開店待ち行列におそれをなして、辻堂の新風のこちら。またまた奇妙なつけ麺を発表。

11:00訪問もまだ準備中。散歩して帰ってきて入店。先客1名、11:15には満席。ほとんど宣伝していないようだが、上々の客入り。

口頭で首題のメニューを注文。接客のお姉さんによると、熱盛りがオススメとのことなのでそれで。

10分ほどで配膳。!鍋焼きうどん?の鍋がサーブ。蓋をあけると緑の麺からよもぎの香りが一面に広がる。

つけダレ:鶏白湯とあるがほとんど昆布とよもぎ。酸味が強め、アブラ少なめ、しょっぱめ。
具:鶏チャーシュー・青菜・黒豆・ほぐし。
麺:よもぎを練りこんだ翡翠麺。250g

感想:このメニューの最大の特徴は香り。よもぎの香りが店中に広がる。これだけで「一度食べてみよう」と思う人は多いと思う。他のメニューも香り系がウリのようだ。

スープは鶏白湯とあるがほとんど主張しない。圧倒的にこんぶとよもぎ。麺は鍋焼きうどんの丼にスノコを敷いて、スノコの下にはよもぎが昆布湯につかっており、上には麺。

で、お味は…あまり好みはではなかった。まず味が単調。かなり強めの香りの上にしょっぱめで酸味が強い。味変しようにも卓上にはツールが皆無。
また、麺の歯ざわりがあまり好きではない。翡翠麺は練りこみの関係から加水が高めなのだが、ニュルニュルした食感が好きではない。中華街のほうれん草を練りこんだ翡翠麺とよく似ている。

でも開店そこそこで独創的な限定を繰り出してくる意欲は立派。植物系の香りをキーに椎茸・朴葉そしてよもぎ。次は何が来るかとっても楽しみ。

ごちそうさま。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

こんにちは!
BM店で近いうちに行けたら・・と思っています
やはり最初は、葉、薫るつけ麺 しいたけ出汁?でしょうか

eddie | 2019年6月11日 07:57

eddieさん おはようございます

デフォの鶏白湯を食べていないのでなんとも言えません。ただ、店主の推しは椎茸のようです。

atom | 2019年6月12日 06:43